見直しのタイミング

ライフステージの変化に合わせて

生命保険の見直しを考えるタイミングとしてまず考えられるのは、ライフステージの変化があった場合です。ライフステージとは就職や結婚、出産、子供の入学や卒業、定年退職など、一般的な人が通るであろうとされている過程です。このライフステージに変化があった場合は生命保険を見直すべきタイミングだと言われています。先ほどの例で言うと就職が決まった際には将来への貯蓄を始めるのに良い時期ですし、またもし自分が死んだ際には葬儀費用や家族への保険金を残すということを考えれば生命保険に加入を検討するタイミングです。またその後結婚したり出産を迎えると家族への保障という意味で生命保険に加入する意義が大きくなり、20代では70%程度の加入率が30代では90%以上の加入率に跳ね上がることからも伺えます。

現在加入している保険に不満がある場合も

生命保険を見直すタイミングとしてもう1つ挙げられるのが、現在加入している保険に疑問がある場合です。ライフステージの変化に対応している逓減収入保険などの生命保険もありますが、すべての変化に対応できているものではありません。また保険会社も新しい商品を毎年のように開発して販売しているので、かけ直した方が圧倒的に特になる保険もあります。特に保険料に対して不満がある人は無料相談で見直しをする良い機会です。生保の外交員によって保険種類の転換を薦められてトラブルになっているケースもありますが、保険相談サービスではユーザーにとって良くない提案をした場合は担当者にペナルティが与えられることもあるので、加入者にとってプランを提示しながら強引にかけ替えを薦めることはありません。無料で利用できるのでまずは気軽にアドバイスを受けることにしましょう。